木次線 撮影地 – 三江線廃止後の標的?「木次線」の生き残り策

とりあえず10選. 今回は木次線です。実は今年の6月に行こうと予定していたのですが、当日思いの外暑そうだったので先送りしたところ7月の西日本豪雨で運休に。復旧まで一年以上とのことだったのが予想外に早く復旧となったので出掛けてきました。

Author: Jt1962

木次線 出雲坂根駅付近の撮影地案内 三段式スイッチバック 国道314号線旧道俯瞰 出雲坂根駅前の国道314号線を少し八川方面へ進むと左手前に下って分岐する道があり、 道を下ると古い案内標識・昔商店だったような民家・右への分岐があります。

最初の撮影地は昨日アングルを探す前に列車が来てしまって撮影に失敗したリベンジからです。新緑の中、谷川に沿って橋を渡る木次発備後落合行きの1441dが2両編成(キハ120-206+120-1)でやってきま

キハ58+28 「木次線開業90周年記念号」 《アクセス》 道の駅「奥出雲おろちループ」付近の国道に架かる「三井野大橋」から撮影。 車を道の駅の駐車場に停め、大橋の歩道を適当なところまで歩き、

山陰のローカル線、木次線の出雲横田から備後落合までの撮影地。 中国山地を三段スイッチバックで登る区間。 定期普通列車が1日3往復、大雪が降ると長期運休に入ることでお馴染み。 出雲横田 →木次線(宍道~木次) → 木次線 (木次~

木次線・紅葉の撮影旅最終日ですが、週間天気予報がずれて、朝から本格的な雨 模様 で、どうやら雨具の世話になりそうな 一日の始まりです。 引率者のタブ師匠の判断でもあって、視界は悪くないようなの

これまでの記事でご紹介した写真の主なものについて、絶景撮影地ガイドとしてまとめました。わたしが大糸線に足繁く通っていた2009年(なんとまあ、もう9年前ですか)現在のデータですので、現在は変わっている可能性があることをお含みおきください。

Author: Jt1962

島根県といえば、石見銀山の世界遺産登録で世界的な注目を集めましたが、山深い奥出雲にもすばらしい風景が広がっています。そんな奥出雲へ、三段式のスイッチバックで有名な木次線を利用して分け入り、出雲そばと大自然を堪能する旅を紹介します。

Wikipedia:肥薩線 瀬戸石 – 海路 球磨川を見下ろす俯瞰撮影地で、撮影ポジションは海路 – 吉尾になります。 指宿枕崎線 大山 – 西大山 2013年5月 Wikipedia:指宿枕崎線 大山 – 西大山 “鉄道写真あるある”の”いままで1台も通らなかったのに”という写真です。

『jr木次線のトロッコ列車「奥出雲おろち号」に乗車して、奥出雲に広がる夏の深緑風景を満喫してきました。』木次・雲南(島根県)旅行について裏山秀人さんの旅行記です。

山陰のローカル線、木次線の出雲横田から備後落合までの撮影地。 中国山地を三段スイッチバックで登る区間。 定期普通列車が1日3往復、大雪が降ると長期運休に入ることでお馴染み。 出雲横田 →木次線(宍道~木次) → 木次線 (木次~

木次線・紅葉の撮影旅最終日ですが、週間天気予報がずれて、朝から本格的な雨 模様 で、どうやら雨具の世話になりそうな 一日の始まりです。 引率者のタブ師匠の判断でもあって、視界は悪くないようなの

ここの撮影地は、木次線の超メジャ-撮影地ながら、撮影時間や角度でイメ-ジが違って見えるのが面白い場所です。木次

木次線を初めて宍道から乗り、有名撮影地の出雲坂根で下車した。残念ながら日中ここを越える蒸機列車はなく、雪景色のスイッチバックで乗って来たレールバスを撮った。 ‘64.3.7 出雲坂根-三井野原

木次線の出雲横田~備後落合間は、1日3往復のキハ120が運行される超ローカル線です。 木次線で有名な撮影地は、出雲坂根の3段スイチバックを旧国道314号からの撮影でしたが、現在では国道314号線の道の駅近くの「奥出雲おろちループ」からの撮影が有名に

2016年3月22日、木次線開業100周年記念事業として「これからの木次線を考える会」が開催された。私も出席させていただき、「いますぐに新しい

左から幹線である伯備線が合流してきて、乗換駅の備中神代、ここも乗降ゼロ。備中神代を出ると、再び山峡に入り、蒸気機関車時代の末期に三重連の撮影地として知られた布原に停まる。

 ·

2003年冬の青春18きっぷのポスターにもなった撮影地です。 相賀駅から国道42号線に出て、尾鷲方面に3キロほど進んだ所にある熊野古道馬越峠の登り口から熊野古道を登ります。 25~30分ほど登ると林道と交差するので左折します。

2016年は木次線の前身、簸上(ひかみ)鉄道が開業して100周年。2017年は国鉄による木次線全通から80周年。2018年はおろち号の運行開始から20周年に

【ガイド】東海道貨物線の下り貨物列車を順光で捉える定番撮影地、松尾踏切。午後順光でEF66の5075レ、EF64の3075レの編成写真が撮影可能。ただし、定時より遅れると旅客線の列車に被られる可能性が高い。 【レンズ】300mm 【アクセス】茅ヶ崎から徒歩30分

この記事はきまぐれ鉄道写真に投稿されました タグ: 中国地方, 撮影地, 木次線.このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の url へトラックバックを残せます: トラック

木次線利活用推進協議会ウェブサイト. 開業(大正5年)~全線開通(昭和12年) 大正5年10月 簸上鉄道開業時木次駅周辺

ここの撮影地は、木次線の超メジャ-撮影地ながら、撮影時間や角度でイメ-ジが違って見えるのが面白い場所です。木次

アドバイザーの土屋武之さんと、撮影担当のカメラマン久保田敦さんと一緒に、自然豊かな木次線を人気のトロッコ列車で楽しんできました。今回の見どころはここ!1.トロッコ列車「奥出雲おろち号」に乗る!2.ヤマタノオロチ伝説の地を走る3.亀嵩(かめだ

木次線の出雲横田~備後落合間は、1日3往復のキハ120が運行される超ローカル線です。 木次線で有名な撮影地は、出雲坂根の3段スイチバックを旧国道314号からの撮影でしたが、現在では国道314号線の道の駅近くの「奥出雲おろちループ」からの撮影が有名に

初心者向けの鉄道知識、写真やビデオ、路線の幅広い知識を、楽しく学べるサイトです! 今はもう走っていない列車の画像、ブログにて撮影地の紹介もしています!

撮影地 : 撮影日 : 線 可部線 関西空港線 関西本線 岩徳線 姫新線 紀勢本線 木次線 吉備線

本来ならば列車を撮影すべく向かうのですが、あまりの本数の少なさに諦めて、次の列車で備後落合へと向かいました。 備後落合では芸備線の乗車列車との間に貨物列車が設定されていたので、近場の撮影地を求めて出かけました。

撮影地についての問い合わせが増えてきていますので、私がたまに行く山陰線の撮影地についてガイドを簡単にまとめてみました。人が集中すると、近隣の方にご迷惑をおかけする撮影地も多々あります。

Oct 21, 2015 · 『意表を突いて国内ですが、ちょっとしたタイミングを見て、廃線が噂される三江(さんこう)線と木次(きすき)線を一周するかたちで乗ってきました。にわか鉄ちゃんですが、』島根県旅行についてmatsukawaさんの旅行記です。

この記事はきまぐれ鉄道写真に投稿されました タグ: 中国地方, 撮影地, 木次線.このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の url へトラックバックを残せます: トラック

ここの撮影地は、木次線の超メジャ-撮影地ながら、撮影時間や角度でイメ-ジが違って見えるのが面白い場所です。木次

ヤマタノオロチ伝説で知られる神話の地を3段スイッチバックで行く山岳鉄道、木次(きすき)線。山陰と山陽とを結ぶ陰陽連絡線のひとつとしてかつては夜行準急も走ったこの路線は、奥出雲神話の里そのままの、風光明媚な山岳地帯をゆっくりと越えるローカル線として鉄道ファンに知られ

木次線に沿って 目的の「砂の器」ゆかりの地まで走ってみると . 着きました。亀嵩駅( かめだけえき ) です。 ここは 松本清張の推理小説 「砂の器」の舞台の一つであり. 映画の撮影も この地であったそうですが

jr西日本の撮影地 新幹線(山陽新幹線 北陸新幹線)新幹線(山陽新幹線 北陸新幹線) 東海道本線・北方貨物線

(つづいて最終撮影地の木次駅手前の場所へ。前日に見つけたポイントで早めに到着しましたが、スケールが全く分からず御覧のように昨日と同じくまたもやカツカツ構図を量産してしまいました。

本来ならば列車を撮影すべく向かうのですが、あまりの本数の少なさに諦めて、次の列車で備後落合へと向かいました。 備後落合では芸備線の乗車列車との間に貨物列車が設定されていたので、近場の撮影地を求めて出かけました。

マイフォトでこれまで紹介してきた撮影地をインデックス化しました。 ガイドと記されたリンクには、簡単な撮影地ガイドがあります。(※ガイドに記載されている内容は、基本的に撮影日時点でのもので

撮影地についての問い合わせが増えてきていますので、私がたまに行く山陰線の撮影地についてガイドを簡単にまとめてみました。人が集中すると、近隣の方にご迷惑をおかけする撮影地も多々あります。

jr木次線の木次駅~備後落合駅間を、1998年(平成10年)4月から運転を開始した「奥出雲おろち号」。2両編成のトロッコ列車を、青と白の色に塗り分けた車体に星を散りばめたデザインです。